床でゴロンの

さかさまはっちゃん。

160727-1.jpg

これは、おもちゃを待ちの構え……。

160727-2.jpg

きたよー!

160727-3.jpg

ガブーッ!
2014年7月、12歳のはっちゃんです。


昨日は、はっちゃんの四十九日でした。


はっちゃんが亡くなったときのことは、
何度も何度も書こうとしたのですが、

思い返すと辛くなってしまって
ずっと書けずにいました。
(それで体調をくずしました)


1年半ぐらい前から、徐々に腎臓の数値が
悪くなりつつあったのですが、

悪化しないよう健康管理につとめて、
闘病を続けていました。


体重もキープできていて、
口内炎もなくお口もきれいで、
病院でも体調いいね、と言ってもらって、

何より、はっちゃん本猫が
おもちゃで遊んだり、活発で、

ずっと、ご機嫌で過ごしてくれていたので、
まだまだ……もう少し、
一緒にいられると思っていました。


でも、突然容態が急変してしまい、
悲しい結果となってしまったのでした。


はっちゃんは最期まで本当によくがんばってくれました。

はっちゃんは自分の寿命を
生き切ったのだなと思います。


はっちゃんと過ごした13年間は、
夢のように楽しい毎日でした。


はっちゃんとは、
出会った時から運命を感じていましたが、
やることなすことおもしろくてかわいくて、

こんなフォトジェニックな猫を
ずっと写真に撮れたこと、世に出せたことは、
とても大きな意味があったと思います。


たくさんの人に愛されて、
本当にすごい猫です。

すごい猫生を終えて天国へ行ったはっちゃんに、
本当にありがとう、お疲れさまと言いたいです。


大好きなはっちゃん、本当にありがとうね。


↓人気ブログランキング
banner160727.jpg

はっちゃんを見て楽しんでいただけましたら、幸いです。

* * * * *

★★★鹿の写真ブログ『毎日が鹿曜日』毎日更新中。★★★
shikayoubi.jpg

★★★外猫のブログ『毎日が猫曜日』
毎日更新中。★★★
maineko.jpg

* * * * *

はっちゃんがツイッターはじめました♪

八二一もツイッターはじめました。

* * * * *

● 中日新聞プラス・達人に訊け!のコーナーにて
『八二一のデジカメ猫写真♪』
dejikamenekosyashin-.jpg
猫写真の撮り方を簡単に解説するブログです。

ずっと闘病生活だったんですね。
大人猫になるとなかなか遊びに
夢中になってくれない猫が多い中
はっちゃんは毎日いろんなおもちゃで
遊んでもらって、楽しんでたイメージ
だったので全然知りませんでした。

はっちゃんがそれだけ毎日
楽しんでいたのは
やっぱりおかんさん、おとんさんの
おうちに来て幸せな日々を
過ごせていたからだと思います。
辛いお話なのに教えていただき
本当にありがとうございます。

はっちゃん、本当に良かったね
おかんさん、おとんさんと出会えて!


今日の写真もかわいいです(*'ω'*)
待ち構えのポーズのおてて
にぎにぎしたい( ^ω^ )

うちも四十九日を過ぎました。
はっちゃんと同じで、突然のことでした。。。
21歳でしたから、腎臓の値は悪くて、
点滴通いでしたが、
何かいつもと違う。何だろう。おかしい。
と思って、病院に何度も行きましたが、
原因がはっきりせず、治療も役に立たず、
症状は悪化し、悲しい結果でした。
痛がってたので、痛みを取ってあげられず、
辛い時間でした。

母猫から家で姉妹で取り上げて、姉妹で、
20年、21年も側に居てくれました。
奇跡のように思えてます。
特別な猫でした。
おかんの気持ちが分かりすぎるぐらい
同じ気持ちです。

おかんの気持ちに寄り添いたいです。

辛いことを知らせてくださってありがとうございます。

なぜ?と思っていました。

愛されているのは、はっちゃんの表情やおかんさんの文章、写真から
十分すぎるほど伝わってきました。

こんな愛情溢れるはっちゃんを育てたお二人に
素敵なブログを届けてくださったことに
感謝の気持ちでいっぱいです。
私を含め、多くの方がこんな暖かい幸せな気持ちになれたですから。

はっちゃん、おかんさんおとんさん、ありがとうございました。
でも、多くの方々の心の中に
まだまだはっちゃんは存在し続けますよ。
そうですよね、おかんさんおとんさん。

おかんさん、辛いことを伝えて下さってありがとうございます。
言葉にするのも文字にするのも悲しいのに…。
はっちゃんは、おとんさんおかんさんの元で、100年分の幸せな時間を生きてきたのですね。

はっちゃん、腎臓が悪かったんですね。
いつもブログで会えたはっちゃんは、元気いっぱいで、可愛いお顔のはっちゃんでしたから、まさかそんな闘病を1年半もしていたなんて、気付きませんでした。
でも、余りに突然過ぎて、「なんでーっ!」と言う気持ちはありました。
私ははっちゃんが亡くなったと言うお知らせが書いてある日のブログは、もう見たくは無いと思ってます…その日のブログのはっちゃんが、余りに可愛いお顔で、すやすや寝ている写真だからです。
それなのに、突然のあの悲しいお知らせ…。
おかんさんがはっちゃんの四十九日を送られて、少しでもお気持ちに整理を付けて、苦しみから前を向けられたならばいいなぁと思ってます。

あちらでもたくさん遊んでね、はっちゃん。

そうだったのですね。はっちゃん 最後まで頑張ったんですね。改めて おかんさんお疲れ様でした!
はっちゃんは 立派な猫生を生き抜きました。そしてみんなに 愛される代表猫ちゃんでした。
いつも はっちゃんの写真と おかんさんの抜群の吹き出しコメントに 癒されていました。
これからも はっちゃんを忘れる事はないし おかんさんおとんさんを応援しています。

はっちゃんは

とても幸せだったと思いますよ?

おかんに愛され、おとんに愛され、皆に愛され…。
私も大好きだよー!!はっちゃん♪

はっちゃん、ありがとう
おかん、おとん辛いなか毎日の更新ありがとうございます。
はっちゃんは本当に偉大な猫ですね
はっちゃんに出合い白黒さんが大好きになって、我が家にも白黒さんを迎えることが出来ました。きっかけははっちゃんです。
はっちゃんをしらなかったら猫を迎えることはなかったかもしれません。
はっちゃん、本当に本当にありがとう。
大好きだよ!
おかん、体にはくれぐれも気をつけて下さい。
毎日はっちゃんの可愛い写真楽しみにしています!

床に寝転んだはっちゃんのキラキラした瞳は、おもちゃをねらっているのですね。
今日も可愛いはっちゃんです。
おかんさん、辛い思い出をよくここに書いてくださいました。ずっと書けずにいらしたのですね。
はっちゃんはよく病気と闘ったのですね。おとんさんとおかんさんはどれほどにはっちゃんを支えたことでしょうね。
私は、どのような言葉もおとんさんとおかんさんを慰め励ますことは出来ないと感じて来ました。ただ、はっちゃんとおとんさん、おかんさんに感謝の気持ちだけはお伝えし続けたいと思います。
はっちゃん、おとんさん、おかんさん、ありがとうございます。

おかんさん 辛いこと思い出して書いてくれましたね。どうして突然逝ってしまったのか知りたかったです。でも読ませてもらって辛いです。悲しくて泣いています。
猫ちゃんが腎臓を悪くするのはとても多いとききます。我が家の猫ちゃんも3猫は腎臓でした。一番悪かったのが治療初めて1年で逝ってしまいました。
はっちゃんはいつも元気だったので 体調崩したと言われても風邪かなくらいに思っていました。ほんとに突然でなぜ?なぜ?と思っていました。おかんさんにとっても突然だったのですね。辛かったでしょう。おかんさんの気持ちがよくわかって 涙が止まりません。
でも はっちゃんは幸せだった!こんなにおとんさん おかんさんに愛されて。全国にこんなにフアンがいて!
みんなはっちゃんが大好きです。
おかんさん 楽しかったこと 思い出しましょう。
なんだかうまく言葉にならずだらだらと書いて。ごめんなさい。
 

腎臓でしたか…

はっちゃん、頑張りましたね。

おとんさん、おかんさんも頑張りましたね。

はっちゃん、おとんさん、おかんさん
本当にありがとうございます!!

これからも、更新楽しみにしてます(⌒‐⌒)

はっちゃんは私にとっても毎日の力でした。
主人を亡くしてからは特に、、、。

こんなにお辛い時に ブログの更新をしてくださって
心から感謝しております。

四十九日という節目を終えて、ようやくはっちゃんが旅立った経緯を話すことができ、おかんさんの気持ちもひと区切りついたといった所でしょうか。
そんなに長い間闘病生活を送っていたとは思いませんでした。
やはり腎臓の病気は怖いですね。本当に突然容態が悪化してあっ‼︎という間に命を奪っていくのですから。

改めてはっちゃんへ。
おかんさん、おとんさんと出会ってくれてありがとう。
たくさん面白いポーズやヘン顔を披露してくれてありがとう。
可愛い表情やカッコいい表情でドキドキワクワクさせてくれてありがとう。
いつも笑いと和みと勇気を与えてくれてありがとう。
そして何よりも猫の素晴らしさを広く世に知らしめてくれてありがとう。
またおかんさん、おとんさんちの子として帰ってくる日を楽しみにしています。
元気でね。今まで本当にありがとう。

おかんさん、おとんさんにも心から感謝です。ありがとうございました。
本日分の元気玉送ります。届けーーッ‼︎◎◎◎◎◎◎

はっちゃん無事に天国に着いたかな☆

闘病の間、はっちゃんもおかんも大変だったと思います。
そんな時でもはっちゃんは私たちに元気を見せてくれました。

いつも変わらないはっちゃんがそこにいると
はっちゃんの可愛さやイケニャンぶりに安心して
毎日が頑張れました。

これほど魅了される猫ちゃんに出会ったことはありません。
はっちゃん、おかんとおとんの愛に包まれて
本当に良かったですね。
これから新しいはっちゃんの猫生が天国で始まりますね。

はっちゃん上からおかんを見守っててね。
パトロールははっちゃんのお得意だから (*^^*)

はっちゃん、いままでありがとう。
大好きなはっちゃん、またね♪

辛い記憶を伝えていただき、有難うございます。腎不全は、猫の宿命のような病気ですね。
うちの愛猫も、慢性腎不全で10ヶ月前から闘病中です。何度か、もう駄目かも、とお別れをした後、復活しましたが、長引く闘病が本人にとっていいことなのか、はたまた動物虐待に等しいのか、葛藤の日々です。
亡くなる直前まで、体調を維持してもらったはっちゃんは、幸せだと思います。

はっちゃんは出会った人の記憶に残る猫ちゃんです(o^^o)

はっちゃんを初めて見た時は衝撃でした。
あまりの可愛さに。
もともとのお顔立ちだけでなく
愛されていて幸せオーラが全開だったからだと思います。
写真にハッキリ出ています。
おとんとおかんと相思相愛、運命のニャンコですね。
毛艶もいつもピカピカだったので、
健康なんだと思ってました。
おとんとおかんの愛と幸せでカバーされていたのですね☆。
こんなに幸せな猫生だったのですから、
はっちゃんは満足しているはず。
後は、生まれ変わりを待つばかりですね。楽しいポーズを沢山ありがとうはっちゃん。
それを写真に残してくれたおとんとおかんにも深く感謝申し上げます。




はっちゃんへ

毎日こうやってブログで写真を見ていると、本当に元気で今日も床でゴロンしてるのかなと思ってしまいます。うちの猫は出張の多い私の留守をものともせずに、いつもお利口にお留守番していてくれました。そして、はっちゃんと同じように腎臓の数値は悪かったけれど、かなり長い間、それでもなんとか元気にしてくれていました。でも、ある日出張から帰ると、足腰が立たなくなっていて、それから2日後に亡くなりました。足腰が立たなくなったのが腎臓のせいなのかも分かりませんが、出張から帰って来るのを待っていてくれたのだなーと思うと、本当に辛くて涙が溢れました。そして、ずっと意識が無かったのに、病院からの帰りに意識を取り戻して、じっと私の顔を見て、その一時間後に亡くなりました。全力で愛した子の死は本当に辛いものです。でも、その愛した思い出は大切な大切な宝物として、いつまでも心の中に残ります。ましてや、こんなに可愛い写真がいっぱい思い出として残り、多くの人の心の癒しになってるのですもの。はっちゃんの可愛い姿におかんさんも早く元気な笑顔になれるよう、応援しています❗

はっちゃん、虹の橋を渡って、天国に着いたかな。猫の番頭さんに、あー、はっちゃん、ちょっと早かったねぇって言われてないかな。
おもちゃ待ちのはっちゃん、定番のポーズですね。狩りの名人だもんねぇ。

おかんさん、はっちゃんのこと・・辛いのに教えてくださってありがとうございます。大号泣です(>_<)電車の中で壁向いてます(T^T)
いつも元気そうできゅるピカで、腎臓が悪くなってるなんて全然知らなくて。
元気なはっちゃんだけしか、知りませんでした。
はっちゃんは、にゃんドルだから、猫の魅力をいっぱいいっぱい伝えてくれた子です。会いに行けるにゃんドルって、そういないですよねぇ。中の人とか、お盆の帰星とか、くるしゅうない座りとか、可愛いコスプレとか。猫らしくないけど、猫の中の猫!!って思えることいっぱいありました。

猫さんの腎臓は、特に高齢になると数値が悪くなることも多くて、私も若い茶太が腎臓を悪くして、毎日補液など看病してました。本当に辛そうでした。。お水ガブガブ飲んでも透明のおしっこしか出なかった。

はっちゃん、本当にありがとう(^O^)
早く帰ってきてね。
みんな待ってるよ♪

ごろごろしてるだけー、ではなくて、おもちゃを待ち構える姿
おもちゃがいいところへきたら、えいっと捕まえて、思い切りガブー♪
はっちゃんが遊んでいる姿は、本当に楽しそうで幸せになります

毎日ツヤツヤピカピカの毛並みで、お目目もキラキラしていて、おもしろいこともたくさんしてくれて
毎日たくさん遊んで、ご機嫌で、おとんさんおかんさんのことが大好き♡
なんの問題もないと思っていたその反面、徐々に悪化する腎臓の数値との闘いがあったのですね
何よりもはっちゃんのことを一番に考えてこられたお二人のこと、できうる限りのケアをしてこられたのだと思います
お医者様から体調がいいね、と言われて安心する気持ちと、不安な気持ちが綯交ぜになって、落ち着かないこともあったのでしょう
そしてなにより
はっちゃんが一生懸命がんばりました
あの小さな体で、一生懸命闘って、頑張って、たくさんの思い出を作ってくれました
八二さんとはっちゃんが出会ったこと、これはもう運命だったとしか言いようがありません
この最強のタッグで、もっともっとたくさんの人を幸せにしてくれました
すごい猫生!
はっちゃんはたくさんの人を幸せにするために、神様から遣わされた子だったんですね
そんなはっちゃんの猫生に、少しでも触れてこられたこと、幸せです
はっちゃん、本当にありがとう

はっちゃん、本当にありがとう。

うちのニャンコも4年前に、天国へと旅立ってしまいました。
その際のさみしい悲しい気持ちは、はっちゃんのブログを見て、ほっこりでき、慰められました。


はっちゃん、虹の橋の先には先輩たちがたくさんいて仲良くしてくれるとおもいます。

うちの子に会ったらよろしくね。

おかんさん、辛いなか書いてくださってありがとうございます。そしておかんさんもおとんさんもお疲れさまでした(T-T)
気負う必要ありませんよ、ゆっくりしてくださいね。
そしてはっちゃん、本当に楽しい毎日をありがとう(*^^*)

夢のような

13年間。。はっちゃんも同じように思っているでしょうね。おかんさん、おとんさんと過ごした猫生、幸せ過ぎて楽しすぎて、おかんさんのことが好きすぎて。

腎臓がよくなかったのですね。毎日心配されたことと思います。おとんさんがこまめにぬく水を差し入れたりされていたのはそういうこともあったのですね。もうこれ以上ないという程、はっちゃんにをいたわって大切にされたおとんさん、おかんさんのこと尊敬します。

私は、おかんさんが発信してくださるブログでお二人と一匹の充実した毎日を見て、心が満たされていました。今もそれは変わりません。改めてありがとうございますと言いたいです。

そしておかんさん、お体だけは大切になさってください。はっちゃんもそれだけは気がかりだと思います。永遠に大好きな、大好きなおかんさんですから。

(一度目)

また別の合体おもちゃで寝転び遊びしてる、
階段の手前です。
期待姿勢の、さかさまはっちゃんも可愛いよね。
それっ、両手と共に右脚も上がっちゃって。
やりとりのあと首尾よく捕まえてガブーッ!、
力が入るよう壁に突っ張ってるあんよが秀逸。
バナーでは廊下の幅いっぱい近くまで長~く。
    *    *
おかんさまにとって何より振り返るのが苦しいこと
だから、お書きになれないと思ってまいりました。

やはり緩やかに闘病中では、いらしたのですね。
1年半ぐらい前から、徐々に腎臓の数値が
悪くなりつつあったのですか。
猫さんにとって避けるのが難しい問題。
 
そんな気配も感じとらせず、いつもお変わりなく
ご機嫌な毎日を見せていただいてきました。

はっちゃんが急に体調をくずしてしまいました。
突然の6月7日から、容易ならざる事態なのだなと
覚悟していたような気がいたします。
その不安を打ち消し希望を抱くように努めました。
日付が6月9日となってのお知らせで、
もうしばらくの間、入院とのことで
いったんは治療の方向が見えたのかもと、
少し愁眉を開いて祈り続けましたが。
日記だけでなく毎猫、毎鹿までコメント更新がない
ままなので、あるいはそんなに楽観はできないの
かも知れない、でもまさかありえないよ。
どうか、どうか、そんなことになりませんように。
夜9時過ぎて承認済みとなったコメントを次々と
読み終えますと、新しい記事となりまして、
お昼に永眠しました、と書いてあるなんて、
えーーーーーっと声が出ましたが、
時を元に戻すことはできないのでした。

情熱的におかんを愛し、深く深く愛されて、
はっちゃんの密度の濃い生涯は
燃え尽きるように終わりました。
突然に深刻な病状となられ治療を受けつつ、
ぼくは頑張ってみんなを喜ばせ続ける使命が、
もう果たせなくなったかな、と納得されたの?
病み疲れを見せず、あまりにも潔いダンディさん。
スターがご自分で決断するような退場でした。

八二さんと、はっちゃんが出会ってくれ、
写真の力で未知の世界の楽しさを教えて、
みんなの心をつないでくれました。
はっちゃんがいなければ出来なかった。

おかんとはっちゃんを好き好き大好きになれて、
毎日のおかしくて幸せな八二家を拝見して、
書き込ませてもらう幸せは今もまだ私のものです。
はっちゃん、ありがとうね。
    *    *
(昨日のコメント、時刻挿入位置を間違えてしまい、
最後の部分を送り残してました。)
おかんさま、ご親切に胃薬をくださった方のお蔭で
服薬すれば痛みが治まる状態になられて
本当にようございました。
私もほとんど薬のいらない人間なのですが、
それでも時には痛みを適切な薬で抑えます。
胃痛が解消し、精神的にもお楽になりますよう。
(9時09分)

おもちゃを待っているはっちゃんは、
少年の瞳。これから始まる楽しさに
ワクワク、ドキドキしてる。
はっちゃんは、永遠の"ちゃん"だね。
ほんまに、はっちゃんは、おとんさんと
おかんさんの大事な大事なこどもだったんだなぁ。
はっちゃんみたいなステキなにゃんこの
魅力を最大限、私たちに見せて下さる
八二一さんというプロカメラマンとはっちゃんが出会わなければ、こんなにたくさんの人たちが、はっちゃんを知ることはなかったでしょう。奇跡の出会いというより
神様が用意した出会いだった気がします。
ハニさんは、何よりおとんさん、おかんさんとして、はっちゃんに愛情を注ぎ続けられました。私達は、家族としてのハニ家も
大好きです。
はっちゃんは命の重み、大切さを改めて教えてくれました。はっちゃん、ほんまに
ありがとうね。

はっちゃんの少年のキラキラした瞳と表情大好きです。

四十九日でしたね。13年間も一緒にいたおかんさん達とっては
時間が止まったような長い日々だったでしょう。
はっちゃんは腎臓が悪くなってたのですね。。。猫さん、特にオス猫さんには
腎臓の病気が多いとかいいますね。
でも、公園で野良のままだったら5年生きられたかどうかわかりません。
おかんさんやおとんさんの息子となってはっちゃんは幸せな猫生を満喫
したんだと思います。おかんさん達が治療し愛情いっぱい育てた事は
はっちゃんの表情をみてれば幸せだったんだとわかります。おかんさん達も
幸せでしたね。神様の元に還ったって事はあとはお着換えをしてGO!ですね。
おかんさん、心のアンテナ立てて見逃さないでね^^

もう四十九日なんですね。
はっちゃんは人生、いや猫生を生き切ったサイコーに幸せな一生でした。
はっちゃんそっくりだったクロちゃんも幸せな猫生だったと思ってます。
あっちの世界で、はっちゃんとクロちゃん2人で、おかんとお母さんの話、
してるかなあ。毎朝、楽しみにしてます。まだまだ沢山のキュルッピーン、
見せて下さいね。

毎日 毎日

はっちゃんの可愛いお顔やしぐさの写真は
毎日 私を幸せにしてくれています
ですので 毎日 はっちゃんに ありがとうと
言わせていただいてます(*^_^*)

1枚目のわくわく顔のはっちゃん。キバちらなのも可愛い。

はっちゃんずっと腎臓が悪かったんですね。
それにかかわらず、いろんな表情見せてくれて楽しませてくれたり、笑顔にしててくれてたにゃんて・・・
何のお返しも出来ないけどせめて、天国への旅で御仏のご加護があり旅の無事を願います。

おかんさんとおとんさんの愛で、はっちゃんは長生きできたんだと思います。

うちの猫も、今月の10日に亡くなりました。
家の中で、いつも座ったり、寝ていた場所に写真を置き、私も毎晩、遺骨を抱いて泣いています。

そうでしたか、つらい時に、書いてくださり有難うございます。毎日、いつも元気なはっちゃんでしたので、私自身には、驚きでした・・・。でも、病院に行ったとかの、内容が無かったので、ちょっぴり気にはなっていました。
以前いただいた、ハガキ、大切にしています。
どうかどうか、体調を整えてくださいね。九州から、これからも応援していますし、「お気に入りで」毎日、見ていますから。
我が家の二匹とも、毎日を大切にしたいです。

私からも言わせて下さい。
はっちゃん、本当に大好き。ありがとう。

腎臓が悪かったなんて、にゃんこって見た目には
全然わからないものですね。
闘病してたなんて、まったく気づかなかったです。
でも、容態は急変してしまったんですね。
悪くなると、あっという間に亡くなっちゃうので
ほんと、わんにゃんは、あっけないです。

でも、いっぱいいっぱい楽しい思い出を残してくれましたよね。
本当にありがとう。はっちゃん。

お辛い気持ちを書いて頂いて有難うございます。
はっちゃんはいつもツヤツヤで本当にきゅるっぴーんで
どこも悪いところが無いようだったので、突然の訃報に
思わず声が出るくらい驚いたのでした。
大往生な猫生を生き抜いて、きっと大天使になってる
はっちゃんを思うと良かったね、楽しかったね、と
言いたいです。
おかんさんやおとんさんの気持ちを思うと、
いつか自分にも同じ事がやってくると思うと、
もっとずっと一緒に居たいって気持ちの方が強いですが、
伝える言葉は「ありがとう」になるんだと思います。

これからもはっちゃんの庫出し写真を楽しみにしています。

八二一さん、こんにちは。

今日の記事を読んで、やっとはっちゃんが旅立ったことが実感できたような気がします。
会ったことのない私でさえ、こんな気持ちなのだから、お二人はどんなに悲しいことだろうと思います。

はっちゃんのことも、八二一さんお二人のことも、思っております。他のみなさんも同じでしょう。

かわいいはっちゃんの記事、いつもありがとうございます。

腎臓が悪くなっていたのですね。
つらいのにその時のことを書いてくださってありがとうございました。
うちの猫も先日、膀胱炎からの炎症が腎臓にも広がって、熱を出してしまいました。
猫は腎臓が悪くなりやすいといいますよね。

はっちゃんを世に出してくださったこと、本当に感謝しています。
かわいい猫の写真は世にあふれていますが、やはりはっちゃんは特別な存在だなあと思います。

なつみさん、お体どうぞ、ご自愛くださいね。
はっちゃんのことを思うと、次のにゃんこを飼う心の準備がなかなかできないと思いますが、もしかしたら、八二一ご夫妻を待っている次の運命的な出会いがあるかもしれませんよ。

私は母を亡くして寂しくしていたところに子供を授かり、寂しさがまぎれました。だいぶ状況が違うかもしれませんが、元気になってもらいたいなあと思って、次の猫を飼うことにお二人の背中を押してみたくなりました。

新しい猫がお二人の手によってどんな表情を見せてくれるのかなあと、だいぶ先のことかもしれませんが、楽しみにしています。

はっちゃんの最期の様子、本当にお辛いのにお辛いのに書いて下さり、ありがとうございます。

最近、はっちゃんちょっと顔が細くなったなあ・・・と思っていました。腎臓が弱っていたんですね・・。

毎日元気なはっちゃんの写真を更新されているのを見させていただく度に、もう会えないはっちゃんへのおかんさんの悲しみが日々募るように思えて、いつかまたはっちゃんに会えたらいいなあ、と祈るばかりです。

今日も可愛いはっちゃんありがとうございます。

そしておかん辛いのにはっちゃんのこともありがとうございます。

病気持ってるとちょっと具合悪くなりと心配になりますよね
うちの子達も病気持ってるから
よくわかります

きっとはっちゃんはおかんの気持ちが分かってて最期まで一生懸命頑張ったんだろうな
おかんやおとんとの時間を大切にしてたと思います。

闘病生活の間元気な姿をアップするのは
おかんさんおつらかったでしょうね。
でも沢山のお写真いっぱい思い出に残こしてくださって
私たちも幸せを一杯もらいました。
はっちゃんに〝ありがとう”  です。

はっちゃん、こんにちは。
ごろりんはっちゃんも可愛いね・・・

おかんさん、お辛い文章でしたね。そんな中はっちゃんの
具合が悪くなってからの事、お知らせ頂いて有難うございます。

おとんさんとおかんさんのはっちゃんへの深い、深い愛情を感じてまた涙しています。

本当にはっちゃんはすごい猫ちゃんです。
みんなをこんなに幸せにしてくれているのですから。

はっちゃん、はっちゃん、これからもずーっと大好きです。

はっちゃん、腎不全でしたか。口内炎が出来てなくてよかったですね。闘病生活が長く苦しいものでなくてよかったですね。

今暮らしてるワンも腎不全と言われ、発覚時には最悪早ければ来月…と言われて一年半経過し、元気に過ごしてはいます。進行性の病気であることもわかってますが、あまりに普通の子と変わらないので来年のお誕生日も再来年のお誕生日もって、ついつい思ってしまいます。

私にとっての最後のネコは5年前に亡くなりましたが、はっちゃんみたいに物おじしないマイペースのイケメンでした。

死んでくれと、レジ袋に入れられ、ゴミ集積所に捨てられていた生後1ヶ月に満たない小さな小さな命を預かった時に、この子には日常生活において何事も我慢させない。好き放題生きてくれと思ったものです。そんな捨てられ方をしたのに、彼は人間大好きな大型猫に成長しました。ワガママですが、人間大好きの甘えん坊『ツンデレ』ですよ。

闘病生活は長く、辛いものでした。私は本当につらかった。亡くなった時は、淋しさ悲しみや後悔や自責の念よりも、彼はもう苦しくないねって言う安堵感でした。

命ってすべて平等で厳かなものだと思ってるけど、人間と違ってしがらみのない純真無垢な彼らへの愛情は海よりも深いと思います。そして彼らは私を誰よりも必要としてくれる。目、耳、しっぽ、その表情は言葉よりも正直でわかりやすい愛しい彼ら。
残してはいけないのですよね。私がみとらなければいけないのです。

今いるワンも、私を信頼しきってます。何があっても私は生きなければなりません。日々楽しく過ごし、いつかくるであろう彼女の最期をきちんとお世話するために。

おかんさん、はっちゃんは生き抜いたのです。おかんのそばで、おとんのそばで、オモチャもご飯もぬっくのお水も幸せいっぱいの毎日だったのです。

はっちゃん!もうお空に着いたかな?そちらも幸せな場所でしょ?私も行きたいけど、まだまだ行けそうにないので、彼に会ったら仲良くしてあげて下さいね。ワガママですけどよろしく♪

そうだつたんですか

はっちゃんが、亡くなった時とても、急でびっくりしたんですが、前から具合悪かったんですね。いつもと変わらず元気なはっちゃんばかりみていたので、全くわかりませんでした。
はっちゃんよく頑張ったね!偉い!
人間ならとつくに弱音を吐くのに、最後までいつもとわからない姿を見みせてくれてー(久々グッと、こみ上げてきました).それを支えていた、オカンさんも大変でしたね。どうしてなくなったんだろうと、不思議だつたのですが、多分辛くて書けないのだろうと、思っていました。ないてしまいますよね。(分かりますともー)
ます、ます、はっちゃんが愛おしく見えます!💦💦

今日の記事は、今までの中で一番悲しくなりました。

おかんさんのはっちゃんへの愛、はっちゃんのおかんさんへの愛それにおとんさんが加わって、なんと素敵なご家族なんでしょう…

おかんさんの、何とか一歩踏み出された感じが悲しくもあり、うれしくもありです。これからもずうっと応援しています。

今日のはっちゃんも可愛いですね。
きゅるぴーーーん王子健在。

はっちゃん、腎臓がわるかったんですね。
ブログからは、そんな事想像できなかったから、はっちゃん自体は、ストレスなく大好きなおかんさん、おとんさんと楽しい日々だったのが写真から伝わってきています。

はっちゃんが亡くなってからは、いろんな話を聞いても信じられないし、涙が自然と出てくるとってもあったかいはっちゃん日記の記事なんですよね。


はっちゃんがみんなに愛されていて、おかんさんにとっても愛されているのが伝わってくるからだと思うのですが。

はっちゃんはシンデレラボーイですね。
猫生をかっこよく生き抜いて、はっち星へと旅立ったはっちゃん。

でも、もうすぐお盆だし、夏休みもあるし、はっち星から、突然帰省してくれるような気さえしています。

はっちゃん、天国からおかんさんの事頼んだよ。

きっと

はっちゃんが旅立ったと知った時、とてもショックでしたが、きっと以前から何らかの兆候とかがあっても、オトンさんおかんさんだけが知っていたのだろうな、とずっと思っていました。はっちゃんの体調、健康に細心の注意を配りながら、はっちゃんとの時間をとても大切にしていたのだったのですね。
はっちゃん、今頃は天国の仲間達ときっと幸せにしている事でしょう。とっても大事だったうちの子達とも仲良しになってくれているような気がしています。

やっぱりはっちゃんはスーパーキャット

一年半もの間、おとんとおかんの心配と不安、懸命な努力、それに対するはっちゃんの頑張り…一日一日が大変でありその結果が私達を楽しませてもらえてたんだと思うと感謝の気持ちでいっぱいです。
私、コメントをしはじめて意識的に過去形は使っていませんでした。
猫の素晴らしさは誰よりも知っているつもりでしたがはっちゃんに出会ってより深まり広がり大きくなりました。
はっちゃん自身がスーパーキャットでおかんのはっちゃんへの言い尽くせない愛情とセンスそしておとんの腕前、全てが揃って13年の軌跡の結晶が生まれたんだと思います。
私にとって素晴らしい宝物です。

猫好きな私をさらに猫好きにしてくれたはっちゃん
虹の橋の向こうでも楽しくしていることでしょう。

19歳で橋を渡った我が家のみゅうも亡くなる12時間前まで食欲旺盛で、あっというまの旅立ちでした。
自分のいのちを自分で決めて旅立ったようでした。

もうすぐ2年経ちますが、家の片隅からそろーっと出てくるような気がしてます。

はっちゃんとも遊んでるかな。にゃんこ同士で楽しく過ごしてるかな。

まだまだ悲しみは癒えないでしょうが、暑い時期、おとんとおかん様、体調に気をつけて下さいね。

号泣です。
おかんさん、辛いことを思い出させてしまって
ごめんなさい…
でもでも、はっちゃんは本当に、幸せだったと
思います。
こんなにも愛してくれるおとんとおかんに会えて、
たくさん愛情をもらって。
みんなに愛されて。
まだまだ涙は枯れないと思いますが、
涙は虹の橋のはっちゃんに届いて、こちらに
戻ってくるときの切符になるんだと信じてます。

夏は冷たい床でゴロンがはっちゃんの定番。
ピカピカ☆の床だものね。どこでトロンしてもOK!

おかんさん、お辛いことを書いてくださって・・・。
はっちゃん、1年半も前から病気と闘っていたんですね。
おとんさんおかんさんのおうちのコだから
ここまで頑張ってかわいいままだったのだと思います。
天使のような猫さん。

はっちゃん、東京はやっと梅雨が明けそうですよ。

腎臓でしたかぁ・・・はっちゃん頑張りましたね。 点滴をしたり、食事制限など、おかんさん、おとんさんも大変だったと思います。その時の辛さを思うと、言葉が見つかりません、おかんさん、ごめんなさい。  そろそろ帰省の準備していかなぁ、はっちゃん みんな待っているょ。 

オカンさん、よく頑張って書かれましたね。

うちの猫も腎臓が悪かったので、オカンさんのお気持ち
よくわかりますよ〜。心臓も悪かったので、発作が起きると
腎臓に負担がかかる薬を使って心配し、

腎臓に負担がかからないように、活性炭のお薬、
血圧のお薬、最後の1年は毎日1回点滴したりしてました。
お気楽生活をしてくれるなら、どんなことでもしますよねえ。

はっちゃんは、温いお水をゴキュゴキュ飲んでくれてましたね、
なので、はっちゃんが腎臓でというのは...信じられません。
でも、だからこそ、できることは精一杯しておられたんですから、
どうかオトンさん、オカンさん、苦しまないでください。

命の価値に上下はないけれど、超有名な猫さんになってしまった
はっちゃんの命をずっと守って来てくださって、本当に
ありがとうございました!獣医さんもショックだったのでは
ないでしょうかね。最後まで手を尽くしてくださった事、
はっちゃんファンはみんな感謝していますよ〜。

そして今日もやさぐれながら、新しいはっちゃん画像を
見せてくださっているオカンさん、何て優しいの〜、涙。

初めまして。こんにちは

ずーっとこのHPを見ない日が続いていたら…「はっちゃんの四十九日だ」と見てびっくりしました。
遅い書き込みですみませんm(___)m

<はっちゃんち>や<はっちゃん!>シリーズの写真集を何冊も持っています。
わたしの中に”はっちゃん”は写真で生き続けています。

2年ほど前、大阪府に保護されていたウサギの里親さんになりました。(2種類の鳥を飼っているうえで)

里親さんになったのは、はっちゃん&おとんさん&おかんさんの影響もあります。
お2人が神戸にいた猫を飼い始めた=里親…そういう制度もあるんだ~と思ったからです。

うちも飼って2週間で亡くした小桜インコや10年生きてくれたセキセイなど悲しい思いもたくさんしました。

でも、必ず時が癒してくれます。そして、亡くなった子たちは必ず思い出になってくれます。

おとんさん、おかんさんが心から笑える日が来ますよう…
はっちゃんのことがいい思い出になる日が来ますよう…願っています✩

こんなに元気なのに持病を持ってたのですね。辛い気持ちの中、報告して下さってありがとうございますm(_ _)mでもはっちゃんは幸せニャン子ですね^ ^

おもちゃをわくわくしながら待って
両手でキャッチしてガブーっとやってる姿
ほんと、かわいい♪

おかんさん、はっちゃんが亡くなったときのことを
書き込まれるのは、大変お辛かったと思います。

はっちゃんと過ごされた13年間、おかんさんにとっても
はっちゃんにとっても本当に幸せでしたね。
たくさんの人を魅了したはっちゃん
おかんさんたちの愛情をたっぷりと注がれて
ニャンドルはっちゃんが誕生したと思います。
毎日、楽しみで 今日は、どんなはっちゃんだろうと
心弾ませてブログを拝見しておりました。
かわいいはっちゃんを見てどれだけ癒されたことか
とても感謝しています。

はっちゃん、ありがとう♪
それから、おかんさん、おとんさん ありがとうございます。
これからもずっとファンです!

おかんさん

あの日の前後のことは、思い返すのも文章に綴るのも辛い作業だったことでしょう。
四十九日を迎えて、何かしらおかんを突き動かす力が湧き出たのかしら。
読み終えて、やっぱり泣きました。
どうしても、おかんに対しては感情移入してしまう(T-T)
わたしは病気を悪と決めつけたくないし、はっちゃんが何で亡くなったかと言うことより、はっちゃんがどう生きたかと言うことに想いを馳せていました。
はっちゃん自身すべて受け入れて、おとんおかんの愛情に包まれながら、いつもと変わらぬ日常を全うしていたのだと思えました。
おかんが言うように…はっちゃんは、自分で決めてきた寿命を生き切ったはずです。
ほんとうに、猫徳のあるすごい猫さん!
そんなはっちゃんに出会えて、わたしも愛猫と巡り会えました。
八二さん、はっちゃんとのご縁を、これからも大切に育んでいきたいです☆

昨日、私は周木律と言う人が書いた本を読んでいました。
とっても長生きした猫の妖怪である猫又が登場し、事件を解決するという物語で、猫又さんはとってもお利口で可愛いのです。

そこにこんな文章が載っていました。
『人の心は、喪失をすぐに受け入れられるほど合理的にはできていない。悲しみを悲しみとしてきちんと租借するには、ありし日のかの人を偲ぶための時間が必要なのだ』
載っていたのは、82ページでした。

お辛い事、書かれる決心にあっぱれです。
訊く人からは他意はないであろう「なんで?」に応える事はとても辛い事です。
おかんさんがそんな風に訊かれていたのかどうかはわかりませんが、きっと皆が気にしているだろう、と思ってくださったのですね。
そんなおかんさんだからこそ、はっちゃんはおかんさんが大好きだったんだろうな、と思います。

10歳を過ぎてもツヤツヤの毛で、おもちゃで元気いっぱい遊ぶはっちゃんを見て、病気とは無縁だと思い込み、いつまでも長生きしてほしいと思っていました。
病気と闘っているなんておくびにも出さず、癒しの写真を毎日毎日あげてくださって本当にありがとうございました。
入念な健康管理、お掃除の事も感銘を受けました。
だからこそ、元気に幸せにキュルピーンなお顔を見せてくれていたのだと思います。

そのお顔とニャン体で私もたくさん癒されています。
改めて、はっちゃん、おかんさん、おとんさん、ありがとうございます。
はっちゃんからの癒しパワーがおかんさん、おとんさんにたくさん降り注ぎますように☆

間違いありません😉

はっちゃんと過ごした13年間を、
おかんさんが「夢のように楽しい毎日だった」✨
と感じていらっしゃるなら、
はっちゃんも、同じように
夢のように楽しくて幸せな毎日だった✨
と感じていたと思います😌間違いなく❗

はっちゃん、腎臓が悪かったのですね。
おかんさんは、皆が心配しないように
一切公表されておられなかったのですね。

はっちゃん日記がいつも明るい、楽しい、
面白い、可愛い、愛に溢れた日記であるように・・・・・。

おかんさん、お辛かったですね。
悔しくもあったでしょうね。
最善を尽くしていらしたのに・・・・・。

何と声をお掛けしてよいか分りません。

でも、はっちゃんは本当にすごい猫でしたね!

初めて本物はっちゃんを目にしたときには
「こんなに綺麗な猫を見たことない!」と思いましたし、
大勢の人になでられても全く平然としている姿に
私の猫に対する概念を覆されました。

そして、DVDの発売記念イベントではサインの順番待ちの
席がはっちゃんとおかんさんが良く見える席だったのですが
車椅子に乗られた男性の番になると、
はっちゃんはおかんさんの膝から乗り出してきて
その方に近寄り鼻ちゅうをしたのです!
男性は思わず歓声をあげられ、その光景を目撃した私は
胸が熱くなったことを鮮明に覚えています。

やっぱりはっちゃんは特別な猫ですね!
というより、おかんさん、おとんさんに愛情に育まれて
はっちゃんは特別な猫になったのですね。

八二 一カメラマンご夫妻とフォトジェニックな猫はっちゃんの
奇跡の出会いを心から有難く思います。

はっちゃん、ありがとう!
ブログを書いてくださるおかんさん、ありがとう!
いっぱい写真を撮って、最高の執事であるおとんさん
ありがとう!
PEP出張版の最新回素敵な記事ですね。
おとんさまのお気持ちを想うと涙が溢れました。

明日もまた、はっちゃん日記は続きますね。
じゃあ、また明日~♪


そんな状態があったのですね。
いつも明るく ブログをアップしてくれていたので
はっちゃんもおとんやおかんの事知らずに 
呑気に楽しんでしまっていました。ごめんなさい。
これからも はっちゃん日記を楽しみにしています。
若かりし?頃のはっちゃんをアップして下さいね。

世の中に偶然と言う事は無いと聞いた事があります。
まさに、はっちゃんとおかんさん、おとんさんとの出会いは必然、運命みたいなものだったのではないでしょうか。

13年間、おかんさんがはっちゃんと楽しい毎日を過ごしていらっしゃった間、私達も癒しと幸せをたくさん頂きました。
「はっちゃん日記」ではっちゃんに会える事が毎日楽しみで仕方ありませんでした。

はっちゃんはおかんさんやおとんさんだけでなく、多くのはっちゃんファンに幸せをもたらしていたんですから本当に素晴らしい、幸せの招き猫さんだったのですね。。

はっちゃんと、おかんさんやおとんさんには、はっちゃんを通して幸せのお裾分けを頂いた感謝の気持ちを心から伝えたいです。
改めてありがとうございました。

はっちゃんは腎臓だったんですね…。うちの猫さんも同じです。でもとても腎臓が悪そうに見えないぐらいはっちゃんの毛はツヤツヤで、なめらかでした。

私の愛猫ももうすぐで49日です。でも私たちが忘れなければ、はっちゃんはずっとみんなの記憶の中に生きているのだと思います。

はっちゃんは幸せな猫だったと思うし、はっちゃんに幸せをたくさんもらいました、ありがとうはっちゃん。

辛いことを書かせてしまいましたね。。おかん。
無理に乗り越えようなんて、思わないで下さいね。
そんなに簡単に乗り越えられるほど、はっちゃんと
おかん、おとんの過ごしてきた時間は容易いものではないのですから。

体調の悪さなんてみじんも見せなかったはっちゃん。
おかんとおとんの支えがあってこそだったのですね。

おかんが甘々マッサージして、お部屋もピカピカにして、
毎晩寝る前には褒め称えて。
おとんはどこにでもぬっくのお水を運んで、
ゆたぽんを暖めて届けて、おもちゃで遊んで。。

はっちゃんは本当に幸せですね。

そしておかんとおとんのみならず、
たくさんの人たちも幸せにしてくれましたね。
はっちゃんは本当にすごい猫さんです。立派な猫生でした。

そんなすごいはっちゃんを皆に披露してくださって、
おかんとおとんにも本当に感謝です。

本当にありがとう、はっちゃん。そしておかん。おとん。

改めて、はっちゃまありがとう(>_<)

同じ気持ち

だなぁって、つくづく思いました。
少しでも長く...って(´;ω;`)
おかんがどんな気持ちで文章書いてたかと思うと、シンクロして泣けてきます・゜・(ノД`)・゜・
とてもとてもツラいこと、大事なことを教えてくれて、ありがとうございます。

それにしても、亡くなる前のはっちゃん、全然病気感ないですね...
変わらずふくふくしてたし、とても元気そう...
最後までがんばったんだね、はっちゃん(。-∀-)ヾ(´∀`*)ナデナデ

おとんおかん、お身体大事にしてください。
これからも楽しみにしています。

いつかまた、東京にも講座開きに来てくださいね\(^o^)/

なんとまぁ
ずぼらな姿での
おもちゃ待ち・・・
「おとん ここに投げてやぁ~」
って・・・

少し前に
「はっちゃん痩せた?」と
コメを書いた時には
慢性腎不全だったのですね・・・
きっと
セミントラ カリナール1 2
を飲んで頑張ってたのかな・・・
ブッくんの時はまだ
カリナールが承認されてなくて
レンジアレンを
私達の思い・・・願い・・・で
強制給餌してました
おうちゃは少し腎臓の数値が上がったので
セミントラ カリナール 1 2で
なんとか乗り越えてました
ニャンコにとって
「無味」で分からなかったようです・・・

おかん
はっちゃんは私に本当に本当に
たくさんの物?を与えてくれました
おかん おとんとの出会い・・・
そして はっちゃん繋がりの
大切な大切なお友達・・・
そして多くの楽しい思い出・・・
「おたくの殿堂イベント」のチケット
今もまだ私の財布に入ってます・・・
本当に感謝です・・・
ありがとう・・・はっちゃん・・・

はっちゃんは絶対に幸せだったですよ。
こんなにおとんさんとおかんさんに愛されて。
また、他のたくさんの皆さんに愛されて。

いつかまた、おとんさんおかんさんの元に帰ってきますって。
着替えをしても、この子だ!!って解るように。
それまで、おとんさんおかんさんも体に気をつけて
はっちゃんを待ってあげて下さいね。

はっちゃん日記と出会ったのは、私もはじめての猫を飼い始めてすぐでした。飼い方もよくわからず手探りの毎日でしたので、おかんの真似っこをしながら、育ててきました。
私のお手本のおかんとおとんの悲しみは、はかり知れません…
腎臓での闘病、はっちゃんはよく頑張りましたね( ノД`)


きっと神様におかんとおとんのところに早く帰して二ャア~とお願いしているのと思います♪はっちゃんは、おりこうの愛嬌たっぷりなコだから、すぐに神様が帰してくれるはずですよね。

その日が早く来るといいな(*´∀`)

腎臓が悪かったのですか・・・・

うちの猫も慢性腎不全だと言われました。それからは完治はしないけれど少しでも進行を遅らせようと投薬などをして、ある程度効果が出てきました。おかげでほとんど苦しむことがなくニャン生を全うできたと思っています。(もう少し生きてほしかったというのが本音ですが・・・)

八二さん、病気の事もですけど、精一杯の愛情で守ってくれたのですから最期の時まではっちゃんはその愛情に答えてくれていたと思います。

はっちゃん!お空で「みぃ」に会ったら仲良くしてやってね♪

今はその時の事
書き記さなくても
いいと思います。

今は心に開いた深い穴を
楽しい思い出で埋めて行きましょう。
はっちゃんは
みんなにとっても
素晴らしい使者でした。
多くの人達に「猫さんの魅力」を
存分に発揮したのですもの。

はっちゃん、ありがとうね。
ハニさん辛い日々の中
本当にありがとうございます。

また、お邪魔しますね。

はっちゃんは、おかんさんとおとんさんと会って楽しい生活送って、ニャンとろ星に帰還。
ファンにも沢山の和み、楽しさくれて感謝してます。
具合がすぐれない中も沢山の写真を見せてくださってありがとうございました♪
姿は、見えないですが、エアはっちは、いつも傍にいると思います♪
ニャンとろ星についた頃でしょうか。
ニャンドルは、皆に囲まれて色々、お話してるでしょうね。

おかんさん、体調、大丈夫ですか?
無理されずにいてくださいね。
はっちゃんは、お二人のもとでずっと幸せでこれからもずっと幸せですよ♪

はっちゃん、がんばりましたね。

はっちゃんも腎臓の病でしたか。急変されたんですね。
5月に逝ってしまったはっちゃん似で同じ14歳(♂)のうちの子も
腎不全でした。
一年前に発覚した時はいつ死んでもおかしくない数値でした。
でもこの一年、毎日の自宅輸液をがんばり一時は復活したのですが・・・
骨と皮状態になってフラフラしながらもお外のパトロールへ行っていました。
もっともっと生きたい!というのがヒシヒシと伝わってきて切なかったです。
軽くなってしまったあの子を抱っこして夜空を見上げ
たくさんのお星様にむかって「まだ連れていかないで!」と
心の中で毎晩叫びました。でも今度ばかりは願いは叶わず・・・

最期は苦しまずにゆっくり・・ゆっくり・・・逝ってしまいました。
今思うと、最期の瞬間は感情が「無」になっていたように思います。

おかんさん、話してくれてありがとう。お辛かったでしょうね(涙)
私も全く同じ境遇なので痛いほどわかります。

でも間違いなく言えることははっちゃんもうちの子も猫生を全う出来
幸せな時間を過ごせたということです。今はそう思えます。
そう信じて・・自分がこの世を去る時にあの子が虹の橋のたもとまで迎えに来てくれるのを今から楽しみにしているんです。

ありがとうございます。はっちゃんどうしたの?とずーと思っていました。

昨日のおかんさんの体調はまだまだはっちゃんと離れることは出来ないような感じでしたが今日ははっちゃんの闘病の様子を載せて頂きました。

はっちゃんを送りだして悲しさ 寂しさがもっとひどくなりませんように祈っています。

はっちゃんと同じ猫はいませんがおかんさんの育児ならきっと良い子に成長すると思います。

縁があればきっと涙をすくい取ってくれると思います。


今再び胸がいっぱいです。
はっちゃん、、、、、、、、、、ありがとう。

四十九日…

あっという間でしたね。

おかんさん、お辛い中、はっちゃんの事を教えて下さり、ありがとうございました。

はっちゃんは、いつも元気だったので、腎臓を患っていたなんて知りませんでした。そんな大変な状況で、毎日日記を更新していたなんて、改めて感謝です。

おとんさんとおかんさんの愛情に守られて、はっちゃんは本当に幸せでしたね。そして、はっちゃんに会えた私も幸せ者です。はっちゃんに癒され、笑わせてもらえて、本当に有り難い事です。

おとんさん、おかんさん。毎日楽しませて下さって、本当にありがとうございました。

そしてはっちゃん。今までほっこりさせてくれてありがとう。おとんさんとおかんさんを始めとする、はっちゃんを愛した人達を、空の上からアトム姐さんと見守ってね。

床でゴロンするはっちゃん、大大大好きです!
ただでさえかわいいはっちゃんが、ほんとにもうかわいくって。

はっちゃん、腎臓が悪かったのですね。
うちの猫のキウイも腎臓病でした。ずっと療法食や通院で体調をキープしていましたが、なぜか肺炎で突然亡くなってしまって。
腎臓が悪くなるのは猫さんの宿命ですね。
今日は、電車の中でブログを見てしまい、涙が出てきて困りました。

おかんさん、おつらいのに、はっちゃんの病気のこと、書いてくださり、ありがとうございました。

はっちゃんは特別な使命を持って、天から使わされた猫。
写真家の八二さんのおうちに来て、八二さんの写真を通じてみんなを幸せにして、また天に帰って行きました。
おかんさんが言われるように、寿命を生ききったのですね。
はっちゃんも八二さんちのおうち猫になって、夢のように幸せだったと思います。

私もはっちゃんに、本当にありがとう、お疲れ様と言いたいです。

はっちゃん大好きやで❗

はっちゃん、いつまでも ずっと大好きです❗

文字にするのもお辛いでしょうに、ブログを閲覧する私達の為に、はっちゃんの最期をお知らせくださってありがとうございました。

そうだったんですね。
はっちゃん、戦ってたんですね。
お二人も一緒に戦ってたんですね。

毎日見せてくれる可愛い姿が大好きでした。
表情豊かで、幸せな気持ちを分けてくれてた
はっちゃん。
ううん、今でもほっこりとした幸せを私達に分けてくれてます。
はっちゃんの写真を毎日楽しみにしてます😊


慰めにもならないでしょうが、精一杯生きてくれたはっちゃんと、最大級の愛情で寄り添ったお二人は、ずっとずっと一緒です。

互いにとって、最愛の家族なんですもの❗
みんなに幸せをくれるはっちゃん。
ずっとずっと大好き❗




はっちゃん、がんばったね。

はっちゃんの死因…気になっていたけれど、おかんが書きたくなったら書いてくださると思って聞かずにいました。
そうでしたか…腎臓が悪かったのですね。1年半も闘病とは、はっちゃんがんばりました。はっちゃん偉いです。
はっちゃんは大人になっても、楽しそうにおもちゃで遊んでいて、元気で、というイメージだったので、
このまま永遠に生きる気がしていました。ありえないのに…。
はっちゃんのために手を尽くして、それでも生きられなかったのだから、それははっちゃんの寿命だったのですね。おかんのおっしゃるように、生ききったのですね。

はっちゃん、変なポーズやコスプレで楽しませてくれてありがとう。
引き出しのイリュージョンも見せてくれたよね。ローリーちゃんたちとも仲良しだったし、ハトロールもしていたね。いろいろなことがあったね。
はっちゃん、楽しかったでしょ?はっちゃんの猫生は充実してたでしょ?
おとんとおかんの元でしあわせだったね。よかったね。
はっちゃん、大好きだよ。これからもずっと。

こんばんは
生き物にサンキュという番組を見ていたら、四人兄弟のお家のソファーに、はっちゃんぬいぐるみではないかと思われる、白黒ねこぬいぐるみが乗っていましたよー^^

失礼しました。

書きたくなったら書いてくださるだろう…と言いましたが、おかんは体調をくずすくらい、何度も書こうと思っては書けずにいたのに、思いやりのない言い方をしてしまい、ごめんなさい。
つらくても、毎日ブログ更新してくださること感謝しています。ありがとうございます。

これからも、知らないはっちゃんや、知ってるけど懐かしいはっちゃんを披露してくださるのを待っています。

あーまた泣いてしまいました・・
はっちゃんがそのような状況だったなんて、知らなくて。

「はっちゃんを目指す!」と、うちの猫を育ててきましたが、
私が、「おかんさんを目指す!!」が正しいのだな、と
これまでのおかんさんのコメントを読んで思いました。
はっちゃん、めっちゃ幸せだったね。
おかんさん、どうぞお身体大切にしてください。
おとんさんも。
はっちゃんが心配しちゃいますよ。

「はっちゃん日記」をいつも見ている私たちのために
楽しいものにしていたい……おかんの想いが伝わります。

教えてくれてありがとうございます。

もう、無理しないでくださいね。


日記が2、3日更新されなかったとき、なぜだか
すごくやな予感がしたんです。
はっちゃんの写真が……
いつもよりちがって見えてしまって……


おかんは、ずっーーと苦しかったのに日記を
更新し続けてくれて……

ありがとうございます。




くぅー、泣けます。
今日はうちの先々代の月命日。今日で7年と5か月になります。
そんなに時間が経っても、いろいろ思い出すとやっぱり泣けます。だからおかんさんがまだまだつらいのは当然なんです。
でもこうして毎日更新していただけるので、私たちファンの心の中でははっちゃんはいつまでも元気で可愛い姿のまま。写真を見るのもつらいのではないかと思うのですが…ほんとにありがとうございます。

ところで、おかんさんは糸井重里さんの『ほぼ日』はご覧になってますか?動物の保護活動をしておられる友森玲子さんがおっしゃってたのですが、犬や猫は我々より短い寿命でいてくれるからこそパートナーになり得るのだ、と。また、愛犬や愛猫を次々見送った石田ゆり子さんも、いつか必ずくることだから考えてもしょうがない、逃げちゃいけない。そして生きているうちにできることを考えたほうがいい、というようなことをおっしゃっていて、私もすごく共感しました。本当につらいけれど、最期を看取れるというのは実は幸せなことなんじゃないでしょうか。私はうちの子たちを見ていて、もし自分がこの子たちを置いて先に死ななければならないとしたら…と考えたら気が狂いそうですもん。もちろんヤツらはすぐに忘れて、次にゴハンをくれる人にすりすりしちゃうんでしょうけど(笑)。

生きている以上、いつかは絶対に死ぬ時がくるわけで、出会った相手とはいつか必ずお別れしなければならないのです。それなら一緒にいられる間は少しでも楽しく幸せに過ごしてもらって、そうして最期は自分がきちんと看取ってあげたい。それが飼い主としての責任でもあるのですよね。
見てたわけでもないのにおこがましいですが、おとんさんとおかんさんはしっかりそれを全うされたと思うのです。
はっちゃんのお顔を見れば、どれだけ幸せかわかりますもん。

おかんさん お辛い気持ちだったにもかからわず、はっちゃんの事を教えていただいてありがとうございます。

四十九日で一区切りとはいっても、まだまだお辛いでしょうが、今までの思い出も大切。
そしてこれから思いを語るのも大切。

はっちゃんとハニ一というプロカメラマンが出会ったことはやっぱり必然だったんです。

はっちゃん 本当にありがとう。

おかんさん おとんさん 本当にありがとう。
そして、お体だけは無理せずに、ゆっくり前向きに。

まだ当分、心の中にしまっておかれるのだろうと思っていました。
きっと頑張って書かれたんでしょうね、でも、少々無理をされたのではありませんか?
何といいますか、そう、母さんは心配で心配でたまりません。

ヤケを起こさずに、体だけは、大事にするんだよ。
どうしてもダメだったら、いつでも戻ってきなさい。母さんはいつでも待っているから。

そんな感じです いや ちょっと違うかも …

あーすいません 今日もこんなになってしまって あーホントすいません💦


そうでしたか…腎臓でしたか。
はっちゃんよく頑張ったね。
おとんさん、おかんさんも言葉が話せない分、気を使われて大変だったと思います。
はっちゃんは幸せな猫生でしたよ。なによりおとんさん、おかんさんに出逢えた事、おとんさん、おかんさんの子供になれたこと。
はっちゃんは、おとんさん、おかんさんが思っているより何倍も幸せだったと思います。
ブログを見た人みんなが幸せになれたこと。
はっちゃんはすごいにゃんこでした。
私もはっちゃんに出逢えて良かったです。
おとんさん、おかんさんはっちゃんに出逢わせてくれてありがとうございます。
これからもはっちゃんのこと大好きですよ

はっちゃんに急に何が起きたんだろう???と思っていました。
急ではなかったんですね・・・。
闘病の素振りは一切見せなかった、はっちゃんとおかん。立派過ぎです。

腎臓病は長生き猫の宿命と言われますよね。
うちのこも来月で12歳。
誕生日には健康診断に行ってこようと思います。

はっちゃんとおとんさん、おかんさん 本当に頑張っていらっしゃたのですね...
毎日ほっこり、幸せなブログをありがとうございました。
おかんさん、できましたら、これからも かわいいー はっちゃん、みせて下さいませ。 よろしくお願いします。

そうだったんですね・・・。

ずっと元気で可愛かったので
突然の訃報で
本当にびっくりして、信じられませんでした。

1年半も闘病していたとは・・・。

うちも13年生きた猫が
いなくなってしまった時に
私はペットロスで胃を病んでしまいました。

時間薬でやっと治り

もう猫は飼えない(気持ち的に)ので
代わりに可愛いはっちゃんを
自分の猫のように思っていました。

三重県在住ですが
はっちゃんに会いに
大阪のイベントに
行ったこともあります。

その時撮った写真は宝物です。

本当にお利口さんな猫ちゃんで
なでられても
動じないはっちゃんの
スターの風格に
びっくりしたことを覚えています。

可愛くて可愛くて
私のガラケーの待ち受けは
今でもはっちゃんです。
・・自分の子供じゃなくて。

おかんさん
お辛いのにブログ続けてくださって
ありがとうございます。

可愛い写真に
癒されます。

お体、本当に大事にしてくださいね。

普通の猫並みになって

オカンさん、はっちゃんの病気のことを書いてくださってありがとうございました。
そうでしたか、腎臓病だったのですね。

ウチの”長男”は多発性骨髄腫でした。
比較的まれな血液系のがんです。
「なんでウチの子が・・・」と、闘病中はずっとずっと悩みました。
8カ月の闘病中、辛かったと思います。骨が溶けるそうで痛みを伴うそうです(が、ネコは口に出せません)。

でも最後は腎臓の数値が急激に悪化しました。
でもその時、「あ、これでウチの子も普通のネコになった、普通のネコの病気になった」と、うれしかったのです。

ヘンな飼い主かもしれませんが、最も一般的なネコの病気である腎臓病になって、これでやっと人並み(猫並み)の死因になって、少しホッとしたのも事実です。

二度目のカキコです。

先程、カキコしたのですが
悪い事書いてしまった気が
どんどんしてきてしまい
謝りに来ました。

最近のひどいニュースばかりで
心が荒れてました。
ハニさん、ごめんなさい・・
はっちゃん、ごめんね。

はっちゃんが最期まで頑張れたのは
おとん・おかんと一緒に過ごすことが、とても幸せだったからだと思います。

はっちゃんが お二方にくれた楽しい時間は
ひとえに、深い愛情をもって接したおとん・おかんの賜物なのではないでしょうか。

そんな楽しいひとときを、ブログを通して私たちにお裾分けしてくださって
本当にありがとうございます。

これからも無理なさらない程度にブログ更新なさってくださいね。
楽しみにしています。

元気そうに見えたはっちゃんに、そんな事があったなんて…。
おとんさんもおかんさんもはっちゃんも、人知れず闘っていたのですね。
お疲れさまでした…。

今回は、おかけする言葉がなかなか見つかりません。

はっちゃん…一緒だね、私も腎臓悪いんだ。
はっちゃん、頑張ったんだね。
私も頑張るよ。

やさしい家族と一緒に過ごせる時間が一番幸せ。
はっちゃんも幸せだったんだなって思う。
だから頑張ったんだよね。

ずっとはっちゃんの姿を見せてくれたご両親に感謝。
改めてはっちゃんって、サイコーです!

北野の公園で一緒だったキジ白猫の花子より


私たちの知らないところで、おとんもおかんも、そしてはっちゃんも、頑張ってくれていたことを知り、『はっちゃん日記』がますます愛おしく涙が止まりません。

「八二一」というユニット名は、ハッチ・二番目に好きなおとん・一番大好きなおかん・・・なんて勝手に思っている私。

『はっちゃん日記』は、二人と一匹のユニットの最高の作品です。

目の肥えた猫好きさんたちを虜にしたはっちゃん。
神様から託された使命をしっかり全うしたはっちゃん。
ヒトと猫との愛を惜しみなく表現してくれたはっちゃん。

ありがとう、ありがとうね。



元気だったはっちゃんが急に体調崩した時、
もしかして病気だったのかなあと思ったんですが...。

腎臓病だったんですね。
ちょっとお顔が細くなった感じはしてました。

いくつになっても遊ぶの大好きなはっちゃんが
突然いなくなって、この淋しさはどうしようもないです。

でも、おかんさん、おとんさんのお家の子になって
はっちゃん、幸せな毎日を過ごせてよかったね。

今、天国からお二人の事見守っているでしょうね。

はっちゃん、ありがとうね。

そうだったんですか
闘病してたんですね

まさにはっちゃんは
フォトジェニックな猫でした
写真家であるおかんさん、おとんさんの
お家にもらわれたのも
本当に何かのご縁でしょうね

はっちゃんは、おかんとおとんに出会えて
一緒に暮らせたから
13年も生きられたんだと思います

うちの猫も腎臓を患って天国へ行きましたが
わたしは1年ぐらいやさぐれてましたよ(笑)
1年ぐらい、お魚食べなかったし
TVも見なかったんです(ペットフードのCMが辛くて)

そんなグレていたわたしを更生させてくれたのが、はっちゃんでした
はっちゃんの思い出、また教えてくださいね
感謝をこめて、応援しています

はっちゃんの、くるりん、げんきいっぱいだよね!
いつもどおりの、ぴかぴかはっちゃんで、ご機嫌さん!
 
はっちゃんて、頭のてっぺんから、あんよの先まで、しあわせ、詰まってるのよね~!

おかんさん、辛かった時のこと、書いてくださってありがとうございます。

はっちゃんは、本当に幸せな猫さんです。
少し具合が悪い所があっても、ずっと元気でいられたことは、八二さんお二人との生活が、ストレスなく、とても居心地よく楽しく、健康的だったからだと思います。おかんさんも、おとんさんも、はっちゃんのために、とても良い健康管理をしたのだと思います。そして、こんなに人と猫が相思相愛の生活ができることも、なかなかないのではないかと、私は思っちゃいます。

はっちゃんがどこにいても、元気で居心地よく、楽しく、不自由なく過ごせますように。はっちゃんの魂が、八二さんの撮った写真のように、いつまでもキラキラして、何度生まれ変わっても、幸せでいてくれますように。いつか、おかんさんとおとんさんと、また会えますように!

かわいいはっちゃん、フォーエバー!はっちゃん、ありがとうね!

たくさんのあたたかいコメントをありがとうございました。
おとんもおかんも皆さんのコメントに涙しています。

はっちゃんは本当にたくさんの人に愛されて、
はっちゃんやおとん、おかんを思ってくださる
皆さんのコメントでどれだけ元気をいただいていることか。

ペットロスだったときに、
はっちゃんに救われたと言ってくださる方も多くて、
そんな皆さんのコメントに今おかんも救われています。

それもはっちゃんの猫徳です。
ありがたいなぁとはっちゃんと皆さんに感謝しています。

わんにゃんごろーさん、八二ページ!猫又、いいですねぇ。

くっちゃんさん、いえいえ!いつもありがとうございます。私も何度もトライしては思い出して辛くなって、書きたくなったら……書けるようになったら書けばいいと思っていました。あれほど無理だったのに、ようやく書けました。

とらだんごさん、あやまる必要なんかまったくなくて、
今日も優しいお言葉をかけてくださったなぁと思って嬉しかったのです。

ありがとう、はっちゃん
ありがとう、おかん
ありがとう、おとん

永遠のニャンドル

おはようございます。
昨日は来れなくて今、拝見させて頂いて書いております。

さかさまになった、はっちゃんの大きなお目目と
可愛い前足とフカフカのお顔とお腹・・
もう本当に可愛いすぎです^^

色んなブログを見て来ましたが、どうしてなんだろう・・
はっちゃんは特別なんですよね。
この愛らしさとカメラ(おとん、おかん)目線の
疑うことを知らない・・というかもうおとんさんと
おかんさんを信じて愛していて大好きというオーラ目線・・
こんな子は他には見当たらないです。

カメラマンの八二一家に来るべきして来たはっちゃん!
運命だったんですね!
その愛らしい姿を沢山沢山撮ってもらって
多くの人に癒しと幸せを沢山、配ってくれて・・
本当に本当に感謝しかありません。

おかんさんが、はっちゃんの病状を、お辛いなか
書いてくださり・・そして手厚い看護をして下さり・・・
猫生をシッカリ全うして旅立ったはっちゃん・・

「はっちゃん」は永遠にニャンドルだと思います。

おかんさん・・いつもブログをアップして下さって
本当にありがとうございます。
おとんさんにも宜しくとお伝え下さいm(_)m

はっちゃん、本当に本当に有難う。あなたの存在がどれだけ私の精神的支えになっていたかわかりません。はっちゃんを知らなければ、今よりもっとつまらない、辛い人生を送っていたと思います。ブログを見ているとクスッと笑いながらも、いまだに最後は泣けてきます。でも、猫生を全うしたんですものね。私は来世があるなら生まれ変わっても、どんな形でも良いからまたはっちゃんと御縁を持てれば、と心から思います。
それから、おかんさんにも感謝、感謝です。はっちゃん日記の配信がなければ、はっちゃんの事を知らないままでした。私の様にはっちゃんに癒されたり、救われた人は沢山いらっしゃると思います。はっちゃんとおかんさん、おとんさんは最強の救世主ですね!(笑)これからも私は、はっちゃんに話しかけますよ~(^^)そしてこれからもブログ楽しみにしています!!(^^)!

そうですか・・・
やっぱり1年半くらい前から腎臓病だったのですね。

家の猫も腎臓が悪く、徐々に体調が悪くなって、
多臓器不全で亡くなりました。
寝たきりになっても、食欲旺盛で、
スプーンで食事を与えるのもなかなか技術が
必要でした。
猫の噛むのとこちらのスプーンで口へ
入れるのがタイミングが難しく、カチカチ、スプーンを噛んだり
していました。

最後まできちんと生き切りました。
猫に生き方を教えられた気がしました。

そうだったんですね

多分、辛くて言えなかったんだろうなあと思ってました。でも、はっちゃんは出来る限りの治療をして毎日、おかんさんは気をつけてはっちゃんを育てていたんだから、はっちゃんは精一杯寿命まで生きたんだと思います。
辛かったですね。よく話してくれたと思います。うちの猫も12才、腎臓機能が少しずつ低下してます。だから少しの変化も見逃せません。おかんさんの気持ち、はっちゃんファンは十分、理解してくれてますよ。少しでも楽になれるように、言いたいこととかblogで吐き出してくださいね。

そうでしたか・・・実は同じくらいの頃からはっちゃんの毛艶がきになっていました、どこか調子が悪いのかなと。
腎不全だったんですね、うちの子も闘病していましたが天国へ逝きました。
世界中の猫から腎臓病が消えて無くなればいいのに。
おかんの愛情をたっぷり受けて毎日輝いていたはっちゃん、ありがとう。
おかんも辛い事を語ってくれてありがとうございます。
毎日の思い出の更新、感謝です。

はっちゃん、ありがとうね。
賢く 可愛いはっちゃん 大好きです。

コメントの投稿

コメントは、承認制です。管理者が承認するまで表示されません。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
連載

PEP出張版!きゅうちゃん日記
pep-kyuchan.png

PEP出張版!はっちゃん日記
pep-hatchan4.jpg

MENU
最新記事
バックナンバー
プロフィール
管理者:八二一
男女二人組の写真家ユニット・写真講師。
hani@i821.com
* * * * * * * * * * *
飼い猫:はっちゃん
神戸の公園出身の男の子
怖いもの知らずの性格。
やわらかい体から繰り出されるへんポーズが得意。
右耳の先が欠けているのは、公園時代に地域猫として去勢手術を受けた印です。
* * * * * * * * * * *
飼い猫:きゅうちゃん
東京の公園出身の男の子
とっても怖がりな性格。
2016年10月にインターネットの里親募集サイトからやってきました。
マイペースなポーズとあざとかわいさで、 はっちゃんの弟子としてニャンドル修行中。
ご案内
「はっちゃん日記」はリンクフリーです。
コメントは承認制となっています。
人気ブログランキングに参加しています。
Banner_11

ツイッター
リンク

旧・はっちゃん日記
旧・はっちゃん日記

外猫の写真ブログ
Maineko

日替わり鹿の写真ブログ
shikayoubi.jpg

ガムテープをはじめ、過去2年間の連載のまとめ。
dailypotal.jpg

八二一の空と写真作品
Ganref

はっちゃん愛用の首輪☆ペットグッズの堀商店
horishoten.jpg

検索フォーム
RSSリンク
QRコード
QRコード

Powered by FC2ブログ